白髪染めランキング > 白髪染めの基礎知識 >  白髪染めの仕組み

白髪染めの仕組み

ヘアカラータイプの白髪染めは、黒髪に使うヘアカラーと同じ仕組みで染まるようになっています。

酸化染料・アルカリ剤である1剤と酸化剤である2剤を、使用直前に混ぜてから使うのが一般的です。
この2つを混ぜると、1剤の成分が2剤の酵素によって酸化します。

その酸化によって白髪染めのための色素が生まれます。

アルカリ剤によって開かれた髪の毛のキューティクルから、色素は髪の内部へと浸透します。
さらにアルカリ剤は、髪のメラニン色素を分解し、脱色効果が生まれます。

こうして脱色された髪を白髪染めの色素が染めるという仕組みになっているのです。

髪の内部に浸透した色素は、結合しあい、大きな粒子となって水に溶けない物質へと変化します。

ヘアカラー後にシャンプーをしても色が落ちないのはこのためです。

オススメ人気No.1のオススメ白髪染め
利尻ヘアカラートリートメント  完全無添加の白髪染め!!
利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、、酸化染毛剤を一切使わず天然植物色素の身を使用した低刺激性の白髪染めです。使い方はとっても簡単で、シャンプーの後トリートメントとして髪に塗り5分から10分置くだけという簡単さが人気の秘密です。

また、使い方はシャンプー後のトリートメントとして使うだけなので、手袋など着用する必要もなく簡単でそしていつでも理想のカラーでいられます。

詳細

目次