白髪染めランキング > 白髪染めの使い方 >  素手で染められる白髪染め

素手で染められる白髪染め

白髪染めをするときには、普通手袋が必要になります。

それは成分が酸性が強いために、手が荒れてしまうからです。

白くなった髪の毛の中に色を入れ込むというのは、かなり刺激が強い作業です。

ですから素手でやっていたら、かなり手が荒れてしまうのです。

しかし、最近の白髪染めはずいぶん改良されてきました。

以前のものに比べて、酸性が弱くなって、手袋をしなくても手が荒れにくくなったのです。

これは、非常に便利です。

手袋をしながら白髪染めをしていたら、自分の染めたいところにうまく手が回りません。

手の感覚が、手袋をはめることによって鈍ってしまうからです。

しかし、素手で白髪染めが可能になったら、細かい部分や後ろなどにも手が回りやすくなりました。

ですから、手袋の要らない白髪染めは大好評です。

素手で染めても、素手には黒い染料がつきにくくなっています。

すべての白髪染めが終わったあとに、石鹸で軽く手を洗うだけで、手についた白髪染めの染料もきれいに落ちてくれます。

便利な白髪染めが、次々に市場に出回っています。

目次